四つ目屋

yotsumeya.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

おばあちゃんのことば


昨日は りんたを連れて実家へ遊びに行ってきた。

母が 私が赤ちゃんだった頃の写真をたくさん見せてくれて、ほんわかした気分になった。

たくさんある写真の中には いつもわたしのおばあちゃんが 私のそばで 笑って写っていた。

初めての海にも、 その辺で撮ったスナップにも。

おばあちゃんは 愛情たっぷりの笑顔で 写真の中でやさしく私を見つめている。

母は、「おばあちゃんが まどかを よーく面倒見てくれたからね」 と、何度も私に言っていた。




私は 本当に未熟な人間だ。

最近よくこんなことを思っていた。

りんたが生まれてから りんたと毎日一緒で、 なんで私だけがこんなにどこへも出かけられないで 育児をしているんだ! とか、

だんなさんだって 時々はりんたの面倒をみて 私を出かけさせてくれたらいいのに、

なんて 本当に恥ずかしいような気持ちになっていた。



そんなとき、おばあちゃんの言葉を思い出した。

何でも悪い風に捉えると自分に損だよ。この人に何を言っても仕方ないんだから、こういう風に苦労していることも自分にはプラスになっているんだ、と考えなきゃ。

って。

これは おばあちゃんがお姑さんとの苦労話をして聞かせてくれるときによく言っていた言葉だ。

昔の話だから、その時代の人たちの苦労といったら想像を絶する内容だ。

苦労をしているからこそ 彼らは 他の人のいろんな気持ちを本当の意味で理解できる。

おばあちゃんは 私の中である意味、母よりも絶対的な存在だ。

料理の仕方も、お買い物の仕方も、裾の上げ方も、コロッケの作り方も、人の話の聞き方も。

私はいつもおばあちゃんの隣で そういうことを眺めてきた。



私のおばあちゃんは、りんたの曾おばあちゃんになった。

昨日はおばあちゃんは1週間のショートステイから帰ってきてクタクタだったんだけど、りんたと触れ合ってしばらく遊んでいると、嬉しそうな笑顔で元気になってた。

きっと赤ちゃんの私とも、こうやって遊んでくれていたんだろうなー、なんて ちょっとジーンとしながらその様子を見ていた。



仕事に復帰するまでしか 時間に余裕がないんだから、これからも りんたをつれて 実家にちょくちょく行こうとおもった。

そういう一日だった。
[PR]
by vivianmadokita | 2012-01-29 12:12 | 育児

Happy Day


昨日の夜 お布団に入っても目がぱっちりしちゃって ぜんぜん眠れなかった。

それはなんでかというと、昨日がとても楽しくて幸せな一日だったからでした。

午前中、3,4ヶ月児相談会というのに出かけようと準備をしていると、お友達から、

「突然だけど、今日の午後遊びに行ってもいい?」の電話がかかってきた。

返事はもちろんOK!

私も先週あたりから、彼女に会いたいなー、なんて思っていたのだ。

午後に楽しみができたー!と 張り切って保健センターへ出かけていった。

入り口を入り、番号札を取ると「4」番。

結構早く来たほうだったんだと、長椅子に腰を下ろすと お隣さんの赤ちゃんが可愛くて 話しかけて和んでいた。

どんどん番号が呼ばれて、二階へ上がり 体重、身長を測り、絵本を読んでもらったり、離乳食のお話を聞いたり。

すべてがスムーズに終わり、なんか拍子抜けするくらいだった。

それで、朝お話していたお隣さんを見つけて、

「今日ってこれでおしまいなんですかね?」と聞いてみると どうやら 終わりの様子。

その方が、でもせっかく同じ月齢の子と触れ合える機会だし、と言ってくれたので 一緒に腰を下ろしてお話をしていた。

色々とお話をしていたら、なんと!ご近所さんではないか!

しかも生まれた月が同じ。

同級生になるねー。

と、話が弾む。

そうしているうちに うちのだんな様のお友達も赤ちゃんを連れて お部屋に入ってきた!

なんと、3人とも 「太」の字がつく なまえ!

翔太、 禅太、 琳太。

すごいねー!

なんか 運命感じる。。。

しかも3人ともすごい近所!

出会うべくして出会ったかな。

他にもたくさんのママと赤ちゃんが来ていたのだけど、引き寄せられたこの3人。

新しいお友達ができた。りんたにも私にも。

そんなのがすっごく久しぶりで 本当に嬉しかった。

新しい人と出会うっていうこと、こんなにワクワクして 気持ちの良いものなんだっけか?

毎日毎日 りんたと2人で家に閉じこもっているもんだから、こうして外へ出て 人と触れ合って お話して、というのが 私をリフレッシュさせてくれたようだ。


気分が高揚していたもんだから、帰りにケーキ屋さんに寄ったりした。


そして午後には お友達のふみちゃんが来てくれた。

彼女とは 昔よくおうちデートをしていた。

お菓子とかジュースとか、ゴハンとかで こたつでのんびりまったりしていたものだ。

私が結婚、引越し、そして出産をしたもんだから、 そういうおうちデートは 本当に何年もご無沙汰だった。

久しぶりに2人で心行くまで話をした。



彼女と話していたことの中に、自分をコントロールすることの大切さ、っていうのがあった。

年々生活の中で難しくなっていくことは増えていくし、心配事なんて書き出していったらきりがない。

不安になったり、負のスパイラルにはまって 落っこちていくのはあっという間。

そこから這い上がってくるのには、落ちた倍以上の時間がかかるからね。

だから、そういうときこそ セルフコントロール。



私にも セルフコントロールが必要な時期だったようだ。

久しぶりに 新しい出会いを経験し 久しぶりの友達とのひとときを過ごしたことで、 夜まで脳みそが興奮していて 眠れなった。

そういう夜って お布団の中でまだ わくわくしていて、いい気持ちなんだよね。


新しいお友達とふみちゃんへ。。。。

素敵な一日をありがとうね。
[PR]
by vivianmadokita | 2012-01-26 13:06 | 育児