四つ目屋

yotsumeya.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

記念日には思いつきで!

8月3日。晴れ。
e0116741_13305057.jpg


昨日は私達夫婦の結婚記念日でした。
記念日に気がついたのも,暑さが増してきたお昼過ぎ。
「あれ?今日は入籍した日だね?」

素敵なディナーやお出かけ。皆はこういう記念日にどういうことをしているのかしら?
どこかに行こうか?という提案に,
「電車に乗って水戸に行ってみる?」
の一言で即決!

照りつける太陽のした,二人で駅までテクテク歩いた。
毎日毎日車で通る道を歩いてみることで,新しい発見がある。
人生には容易に見過ごしている,素晴らしさがいくつもあるんだな。

駅までは徒歩20分。駅に着いたら汗だく。
それでも笠間駅には隔離された冷房の効いた待合室が設置されていた。
電車が来るまで一休み。
そこにいる人たちは口々に,「あ~~~涼しい」と言って休んでいた。
私の座ったベンチの隣には,数学の問題集を広げて,これから塾に行くんだろうな,という男の子が勉強をしていた。なんだか,かわいい少年だったな。
彼は私達よりも少し先にホームへと向かった。

「あれ?二人で電車に乗るのって,はじめてだね?」
と,旦那さん。
「そうだね。あっ!毎年結婚記念日には二人で『初めて』することをしたらいいね!」
と,私。なんとも単純な二人です。

さて!電車が来ました。
まっすぐな線路の遠く向こうから,目玉のようなライトを照らしてやってくる電車を二人でプラットフォームで眺めたら,なんだか嬉しかったな。
「青い電車かな?緑の電車かな?」

電車の2両目に乗り込むと,運転席から見える線路に感動した。
電車が走り出すと窓から見える景色に,
「あっ!あの踏み切りだ!」
「ここには結構家があるんだね」
などの 子どものような会話。
ロンドンの地下鉄は,座席に座ると向かい側に座る人の膝がすぐだったな。
ロンドンの地下鉄はすごく狭いから,車両もコンパクト。
日本の電車は広いんだな。

私は初めて高機能携帯電話についている ICレコーダーなるものを利用し,車内アナウンスを録音。 この時代いくらでもネット上でDLできるけど,これは生音だ!

そうです,お気づきでしょうけれど,私達は鉄っちゃんと鉄子なんです。

友部駅で水戸行きに乗り換えると,今度は最新型の常磐線に乗車。
キレイ!新しい!車内に掲載されている広告は,まだ未発売の宣伝。
「あっ!世界のkitchenからの新しいのだ!今回はキューバからだって!」
レモン水にミントの葉をちりばめたドリンクにそそられた。
都内で電車に乗っているわけではないのに,おのぼりさんだ。

さっきの電車よりも車内が狭く感じるのは,きっと車内に設置されたつり革のデザインの違い,座席の創りの違いなんではないだろうか?などの論議を交わし,手にはICレコーダー。
途中の駅に停車するたびに,夢中でアナウンスや発車メロディーを録音。

水戸駅で降りると,なんと隣のプラットフォームには「ドレミファソー」が停まっていた!!!
発車は10分後。急ぐ理由も無いので,電車を降りた人たちが皆改札へと向かう中,私達二人はそこにとどまることにした。
だって,目の前に「ドレミファソー」があるんだから。

この電車は前にタモリ倶楽部で見た,京浜急行の赤い電車と同じで,発車するときに,インバーターが「ドレミファソー」の音を奏でるのだ。

目の前でこの音を聞けるとあらば,10分待つなど問題ではない。

さて,発車になった。
発車アナウンスから全て録音!
でも,若干「ドレミー」くらいまでだったような気がして残念だった。
走りゆく電車を見送って,改札口へ。

この日は水戸のお祭りだった。
バスに乗る予定だったけど,歩いて行くことにした。

二人でデパートやお店をブラブラすることも,ありふれた日常だけど,私達夫婦にとってはとても珍しいことだ。

ようやくの思いで実家に到着した頃には7時を過ぎていた。
靴を脱いでエアコンにあたると,どっと疲れがでた。

家に戻ると冷蔵庫にあった残り物で夕飯。
素敵なディナーとまではいかなかったが,とても素敵な結婚記念日になった。

去年の入籍の日も今日と同じく暑かったことを思い出して,眠りについた。

*写真はロンドンで撮ったものです。
[PR]
by vivianmadokita | 2008-08-04 13:43 | おもひ